【夫婦で育休取得中】2021年7月モリタ家の家計簿

この記事を読むとわかること

  1. 共働き4人家族の家計簿
  2. 支出適正化の考え方と実践のポイント

2020年7月より、毎月家計簿を公開しています。

毎月のリアルな収入・支出に加えて、わが家で実践している家計見直し・支出適正化のポイントも紹介しています。

 

わが家の家計ポリシー

  1. 無理に支出を削らない
  2. 生活の満足度を落とさない
  3. 「いま」を楽しむことを忘れない

 

「支出を絞る」ことと「生活の満足度を落とさない」ことは両立します。

 

自分たちにとって「お金を払う価値を感じること」と「お金を払う価値を感じないこと」を見極め、「価値を感じること」には積極的に支出しています。

逆に、他の人がお金をかけていたとしても、自分たちにとって「価値を感じないこと」であれば支出しません。

 

ウォーター
「価値を感じること」「価値を感じないこと」を明確にすることが支出適正化への近道です!

 

たとえば、わが家ではよく聞く「○人家族で食費✕万円台!」のような食費の節約はしていません。

むしろ食費は毎月10万前後と、支出の全項目の中で金額が大きくなっています。

理由は、時間効率を優先してネットスーパー・ミールキットの便利なサービスやテイクアウトなどを積極的に利用しているためです。

なにより家族みんな食べることが好きで、食べ物から得られる満足度が高いからです。

 

ウォーター
旬のフルーツやおいしいお肉を買ったりと、お楽しみ要素も大切にしています!
モリタ
これはわが家の一例なので、みなさんの価値観にあわせてカスタマイズしてくだいさいね

わが家の倹約の対象は、主に固定費です。

家賃、水道光熱費、通信費、保険代、車代などを徹底して見直しています。

すこし手間がかかっても一度契約を見直してしまえば、毎月労力をかけなくても固定費が安く抑えられます。

 

モリタ家の基礎情報

わたしたち家族の基礎情報です。

4月に息子が誕生し、現在夫婦で育児休業取得中です。夫は6ヶ月、わたしは1年の予定です。

わが家の基礎情報
家族構成 4人家族(夫・妻とも30代半ば、娘2歳11ヶ月、息子0歳3ヶ月)
資産総額 3990万(2021年7月末時点)
仕事 夫・妻ともフルタイムの会社員(夫婦で育休取得中)
 世帯年収 約1400万
住んでいるところ 福岡市内(東京から移住3年目)
住居 3LDK賃貸(家賃補助あり)
なし
保険 火災保険のみ

 

先月4000万を超えた総資産額は、3990万に減りました。

理由は明確で、育休中のため給与収入がなくなり、家計が赤字になったからです。

想定されていたことなので、現金での貯蓄額を確保し、いままで通りの生活を続けています。

 

 

今月の収支と貯蓄率

 

家計サマリー
今月の収入 合計 0円
今月の支出 合計 426,769円
収入と支出の差額 ▲426,769円
貯蓄率 データなし


※7月のデータは反映されていません

 

夫婦で育休中のため、ついに給与収入が0円になりました。

 

収入が0なので、貯蓄率のデータは取っていません。

仕事を再開し、収入が戻ったら集計を再開する予定です。

 

家計は一時的にマイナスですが、貯蓄から投資は継続しています。

資産総額と投資実績については、【30代・4人家族】収入ストップ 資産4000万円割れ – 7月の投資実績で公開しています。

 

今月の家計簿 サマリ

 

 

 

 

 

 ↑クリックで拡大↑

夏休み期間に入ったため、支出は趣味・娯楽費と特別費の計上が多くなりました。
基礎生活費としては、ほぼ通常通りです。
普段から貯蓄しているため、育休で収入が0でも、余裕をもって生活することができています。

収入:0円

わが家の主な収入は、給与収入です。

給与収入(手取り):0円

ついに収入が0になりました。

先月までは有給消化やボーナスがあり、なんだかんだと収入がありましたが、いよいよ本番突入です。

 

ウォーター
貯蓄は十分あるので、いつもどおりの生活を続けます!
モリタ
金銭面で余裕があると、育休も取りやすくなりますよ

その他の収入:0円

その他の収入も0でした。

 

 

支出①:固定費 102,138円(24%)

今月の固定費の合計は支出全体の24%でした。

↑クリックで拡大↑

 

住居費関連:37,700円(9%)

わが家の住居費

  • 家賃・共益費:会社からの家賃補助あり
  • 町内会費

 

転勤扱いで福岡に来ているため、会社から家賃補助が支給されています。

息子誕生により家族が増えたため、6月より補助額が増額されて家賃負担がさらに減りました。

モリタ
家賃を安く抑えられているのが、わが家の家計改善の一番のポイントです

 

水道光熱費:11,272円(3%)

わが家の水道光熱費

  • 水道代:1ヶ月おきの請求(今月は支払いなし)
  • 電気:あしたでんき
  • ガス:西部ガス

 

水道光熱費は、水道料金が2ヶ月に1度の請求のため、グラフがジグザグで推移しています。

クレジットカード払いにしているので、請求は1ヶ月遅れです。

 

わが家の「水道光熱費」削減ポイント

モリタ
電力会社を見直したことがない方は、手間ですが一度検討してみることをオススメします!

あしたでんきをみてみる

 

ガス会社も検討しましたが、変更のメリットがなかったため、西部ガスを契約しています。

最近はガス自由化も進んでいますが、西部ガスエリアはまだまだ対応が少ない状況です。

 

通信費・ネット経費:8,566円(2%)

わが家の通信費とネット経費

  • 固定回線:NURO光
  • 格安SIM:スマホ2台

わが家の「通信費・ネット経費」削減ポイント

  • 格安SIMの利用:UQモバイル(妻は家族割引を利用)
  • サーバ:ConoHa WING を利用(ドメイン代込みで月額880円/一括支払済)

保育料:44,600円(10%)

わが家の保育料

  • 保育園の保育料

娘が保育園の2歳児クラスに通っているので、市に保育料を納めています。

 

固定費  削減ポイント

  • 不要な保険は解約
  • 車は所持せずレンタカーとタクシーを活用

保険は、生活防衛資金が確保できたので3年前に不要なものはすべて解約しました。

現在は、火災保険のみ加入しています。(転勤扱いのため会社負担)

 

ウォーター
保険の入り過ぎには注意!必要な保障を見極めましょう。
わが家の車に関する考え方は、車を手放してわかったメリット・デメリット【維持費を貯蓄へ回し家計改善】 に詳しくまとめています。

支出②:変動費   324,631円(76%)

今月の変動費の合計は支出全体の76%でした。

 

食費:120,805円(28%)

今月の食費

  • 近所のスーパー
  • ネットスーパー(コープ)
  • Oisix(ミールキット、牛乳とか飲み放題、その他)

 

わが家でいちばんお金をかけているのが食費です。

お金よりも時間効率を優先してネットスーパー(コープ)やOisixのミールキットを利用しています。

出費としては割高ですが、わが家には必要なものと割り切っています。

▶▶▶関連記事:オイシックスのミールキット(Kit Oisix)は共働き子育て家庭にオススメ!【メリット5選】

 

7月は休日のお昼ごはんをテイクアウトする頻度が多く、通常より多めでした。

 

 

日用雑貨費:18,239円(4%)

今月の日用雑貨費

  • Amazon定期おトク便
  • ネットスーパー(コープ)
  • ドラッグストア
  • ピーラー、鯵切り包丁

 

日用品は基本的にAmazon定期おトク便で購入しています。

足りないものを、ネットスーパーや近所の薬局で購入します。

あわせて読みたい

こんにちは、モリタです。 Amazon定期おトク便は、定期的に購入する食料品や日用品を最大15%OFFの割引価格で購入できるおトクなサービスです。 定期お得便対象商品の値段をみると、薬局やホームセンターに比べて安いものがたくさん[…]

 

その他、調理用具を買い足しました。

モリタ
鯵切り包丁で魚をさばく練習中です!

 

医療・美容・被服費:9,120円(2%)

今月の医療・美容・被服費

  • 歯医者(定期検診)
  • 通院

 

子ども関連費:21,552円(5%)

 

今月の子ども関連費

  • 音楽教室の月謝(娘)
  • オムツ・ミルクの日用雑貨

 

オムツ2人分、息子は2ヶ月から完ミで育てているのでミルク代がかかっています。

8月で3歳になった娘は、保育園ではほぼパンツで過ごしているものの、まだ完全にオムツははずれておらず・・・

 

出費がかさみますが、子どもが育つために必要なものなので仕方なしです。

 

わが家の「子ども関連(雑貨)費」削減ポイント

  • ベビー雑貨(おむつ・おしり拭き・ミルク)はAmazon定期おトク便が最安
モリタ
かさばるおむつやおしりふきを自宅まで届けてもらえるのも、車を持たないわが家にはとても便利です!
あわせて読みたい

こんにちは、モリタです。 Amazon定期おトク便は、定期的に購入する食料品や日用品を最大15%OFFの割引価格で購入できるおトクなサービスです。 定期お得便対象商品の値段をみると、薬局やホームセンターに比べて安いものがたくさん[…]

あわせて読みたい

Amazonファミリーの特徴&登録方法 Amazonファミリーとは、Amazonプライム会員の特典の一つで、子どもの生年月日(出産前の場合は出産予定日)と性別を登録することでベビー用品をお得に買物できるサービスです。 Amazonファミリー[…]

 

 

自己投資:8,190円(2%)

今月の教育費・自己投資

  • Audible
  • Kindle Unlimited
  • FP技能検定試験料

 

Audible、Kindle unlimitedの利用料、本の購入代がかかっています。

 

最近、読書量を増やすために「聴く読書」を積極的に取り入れています。

AudibleやKindle読み上げを使うと、とても便利です!

 

ウォーター
家事や育児をしながら読書ができるのでとても重宝しています
 また、9月のFP3級の技能検定料を支払いました。
FP3級は生活に密着したあらゆる金融知識を体系的に勉強できるのでオススメです。
わたしはきんざいのテキストを使っています。
ポイントがコンパクトにまとまっており、使いやすいですよ。
問題集では、アプリを使って学習できるサービスも提供されており、スキマ時間を使った学習に便利です。
created by Rinker
¥2,200 (2021/09/17 07:00:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

趣味・娯楽費:58,957円(14%)

今月の趣味・娯楽費

  • 外食代
  • 水着、浮き輪

7月は、近場へのお出かけやランチで外食をしました。

8月にリゾートホテル宿泊の予定があり、水着や浮き輪を購入しました。

おこづかい:20,000円(5%)

おこづかいは、特に予算を決めていません。

最近は出社時のランチ代や飲み会代がなくなり、夫婦で20,000円で十分です。

 

特別支出:67,768円(16%)

今月の特別支出

  • 飛行機チケット

9月に帰省の予定をたて、飛行機のチケットを購入しました。

・・・が、新型コロナウイルスが猛威をふるっているので、キャンセルすることになりそうです。

 

2021年7月の家計を振り返って

今月は収入が0になり、金銭面で育休を実感する月になりました。

 

ただ、小さい子ども2人と過ごす時間は今しかない貴重な時間なので、とても充実した毎日です。

夫婦2人で対応できるため、娘に対しても息子に対しても余裕をもって接することができています。

 

金銭面を心配することなく、夫婦で育休を満喫できるのは、日頃から家計改善を続けている賜物です。

ウォーター
夫婦で育休、オススメです
モリタ
男性も育休を取りやすい社会になるといいですね
最新情報をチェックしよう!