【共働き3人家族の家計大公開!】2020年8月モリタ家の家計簿

こんにちは、ウォーターです。

9月になりましたが暑い日が続きますね。

先月からモリタ家の家計簿の公開をはじめました。

収入・支出に加えて、総資産が2500万超えたわが家で取り組んでいる家計改善の取り組みもすべて隠さず公開しています。

こんな人にオススメの記事です

  • 共働き3人家族のリアルな家計を知りたい
  • 家計節約のポイントが知りたい

はじめにお断りしておくと、わが家は「○人家族で食費☓☓万円台!」のような食費の節約はしていません。

むしろ食費は支出の全項目の中で金額が大きくなっています。

理由は、時間効率を優先してネットスーパー・ミールキットの便利なサービスやテイクアウトなどを積極的に利用しているためです。

ウォーター
たまに旬のフルーツを取り寄せたり、おいしいお肉を買ったりと、お楽しみ要素も大切にしています!

 

わが家で節約しているのは、主に固定費です。

家賃、水道光熱費、通信費、保険代、車代などを徹底して削減しています。

すこし手間がかかっても契約を見直してしまえば、毎月労力をかけなくても固定費が安く抑えられますよ

 

今月の家計サマリ

  • 収入: 649,200円
  • 支出: 468,157円
  • 収支:+181,043円(貯蓄率:27.9%)

8月はGo to トラベルを利用して旅行したり、娘の誕生日があったりで出費が多くなり、いつもに比べ貯蓄が少なめです。

ウォーター
わが家は「いま、家族の時間を楽しむ」ことを最優先にしているので、出費への後悔はありません。
モリタ
とはいえ、23万程度は貯蓄にまわしたいところなので、反省点です

生活防衛資金が確保できているので、プラス収支分は投資にまわしています。

投資実績については、【目標:金融資産1億円】2020年8月の投資実績公開【目標の4分の1達成!!】で公開しています。

 

今では貯蓄体質になったわが家も、最初からこんなに貯蓄できていたわけではありません。

結婚したばかりの頃は、家賃が家計を圧迫し、外食や飲み会も多く毎月ギリギリで生活をしていました。

ウォーター
典型的な「共働きで出費がかさむ」パターンでした

そこから固定費を見直しを中心にここまで改善してきました。

モリタ
その経験が、読んでくださるみなさんのお役に立てば幸いです

モリタ家の基礎情報

わたしたち家族の基本情報をまとめています。

わが家の基礎情報
家族構成 3人家族(夫・妻とも30代半ば、娘は2歳の保育園児)
仕事 夫・婦ともフルタイムのサラリーマン
住んでいるところ 福岡市内(2019年に東京都内から移住)
住居 3LDK賃貸(一部家賃補助あり)
なし
保険 火災保険

モリタ家の収支と貯蓄率 サマリ

2020年8月の収支サマリー

種別 項目 金額(円) 支出全体に占める割合
収入 給与収入(手取り) 600,358
その他の収入 48,842
収入 合計 649,200
固定費 住居費 52,700 11%
水道光熱費 26,766 6%
通信費・ネット経費 46,354 10%
保育料 64,000 14%
固定費 合計 189,820 41%
変動費 食費 98,620 21%
日用雑貨費 16,857 4%
医療・被服費 0 0%
教育費・自己投資 3,916 1%
趣味・娯楽費 113,944 24%
おこづかい(夫・妻) 45,000 10%
変動費 その他 0 0%
変動費 合計 278,337 59%
支出 総計(固定・変動費) 468,157 100%

 

2020年7月の収支

今月の収支実績
収入と支出の差額 +181,043円
貯蓄率 27.9%

わが家の家計簿はスマートフォンアプリのマネーフォワードMeでつけています。

キャッシュレス決済にすることにより自動で入力・集計されます。

銀行口座を紐付ければ、残高もすぐに確認できます。

モリタ
手間なく家計を可視化できるのでラクですよ!

収入

給与収入(手取り):600,358円

わが家は共働きのサラリーマンなので、夫婦とも給与収入があります。

新型コロナウイルス流行の影響でテレワーク中心になり、残業代が減っています。

その他の収入:48,842円

今年4月にSIMをY!mobileからUQMobileに乗り換えました。(2年経過し、基本利用料が値上がりするため)

乗り換え特典として1台につき1万円のキャッシュバックがあり、今月2台分で2万円の収入がありました。

乗り換え特典のことをすっかり忘れており、キャッシュバックのメールが届いたときは「詐欺メールかな?」と疑いましたが、正真正銘UQMobileからの案内でした。

(UQMobileさん、疑ってごめんなさい(笑))

楽天モバイル のUN-LIMITはとても興味があるのですが、現時点でわが家の居住地がカバーエリア外です。

福岡市全域に早く広がることを祈るばかりです。

 

ブログで紹介しているASP

ASP 概要
Amazonアソシエイト Amazonの商品の紹介
A8.net
1番有名&大手のASP
もしもアフィリエイト 使いやすいASPです!

レンタルサーバはConoHa WINGを利用しています!

支出①:固定費 189,820円(41%)

住居関連:52,700円(11%)

わが家の住居費

  • 家賃・共益費:会社からの一部家賃補助あり
  • 町内会費

わが家の「住居費」節約ポイント

  • 家賃の安いところに引っ越す
  • 更新時に家賃交渉をする

 

水道光熱費:26,766円(6%)

わが家の水道光熱費
水道代:2ヶ月おきの請求(今月は支払い月)
電気:あしたでんき
ガス:西部ガス

4月からテレワーク中心の生活になり、在宅時間が長くなったため水道光熱費が高くなっています。

24時間エアコンを稼働しているので仕方ないですね。

わが家の「水道光熱費」節約ポイント

電気代を安くするために九州電力からあしたでんきに契約を変えました。

わが家は楽天ユーザーなので「楽天でんき」とも迷いましたが、わが家の必要電力を考えると、ポイントを考慮してもあしたでんきの方が安くなる計算になったためです。

Webページで電気の使用状況をほぼリアルタイムに見ることができ、気に入っています。

あしたでんきをみてみる

通信費・ネット経費:46,354円(10%)

わが家の通信費とネット経費

  • 固定回線:Softbank光
  • 格安SIM:スマホ2台
  • Amazon Prime会員(今月は支払い月)
  • NHK(今月は支払いなし)
  • ブログ運営用のサーバ・ドメイン(新規で3年分契約)

わが家の「通信費・ネット経費」節約ポイント

  • 格安SIMの利用:UQmobile(妻は家族割引を利用)
  • サーバ:ConoHa WING を利用(ドメイン代込みで月額880円/3年契約の場合)

8月に本ブログを立ち上げるのをきっかけに、新たにブログ用のレンタルサーバとしてConoHa WING を3年分契約しました。

モリタ
ConoHa WINGの契約からWordpressインストールまで30分くらいで完了しました!
モリタ
サクサク動くところが気に入っています!
ウォーター
3年契約にしたのは長期契約のほうが安くなるのも理由ですが、3年は頑張ろうという決意表明です!

保育料:64,000円(14%)

わが家の保育料

  • 保育園の保育料

娘が保育園の1歳児クラスに通っているので、市に保育料を納めています。

 

わが家の固定費  節約ポイント

  • 不要な保険は解約
  • 車は所持せずレンタカーとタクシーを活用
  • テレワークを活用して外食ランチを減らす

保険は生活防衛資金が確保できたので、2年前に不要なものはすべて解約しました。

子どもが生まれたので、今後は娘の両親であるわれわれの掛け捨て死亡保険に入るか検討しているところです。

現在は、火災保険のみ加入しています。(転勤扱いのため会社負担)

モリタ
保険の入り過ぎには注意!必要な保険を見極めましょうね

車でお出かけするのは好きですが、費用対効果を考えて所有していません。

通勤や娘の送り迎えには使わないので、乗るのは休みの日のみ。

車の維持費は年間約50万円(車種によってはそれ以上)かかります。

わが家は公共交通機関のほかにタクシー・レンタカー・カーシェアを利用することにしました。

福岡は東京より車の所有率が高いですが、東京に住んでいたころから車のない生活に慣れており、そこまで不便は感じていません。

ウォーター
年間50万円という維持費は、毎週タクシーに1万円使える金額なので大きいですよね

支出②:変動費 278,337円(59%)

食費:102,630円(35%)

今月の食費

  • 近所のスーパー
  • ネットスーパー(コープ)
  • Oisix(ミールキット、プライムPass、その他)
  • 出前、テイクアウト
  • 外食:コロナ禍以降ほとんど外食なし

わが家でいちばんお金をかけているのが食費です。

食費の項目には、外食・出前・テイクアウト含んでいます。(旅行時の外食は、旅行代に含む)

フルタイムの共働きなので、お金よりも時間効率と食事の質を優先してネットスーパーやOisixのミールキットを利用しています

▶▶▶関連記事:オイシックスのミールキット(Kit Oisix)は共働き子育て家庭にオススメ!【メリット5選】

 

ウォーター
とはいえ、今月は食費にかける金額が多すぎたかな、と反省しています

食費は来月の改善点です。

 

今月はふるさと納税の返礼品として、尾花沢のすいかと沖縄のキーツマンゴーが届き家族で楽しみました。

 

ふるさと納税は日用品やお米をもらうのがオトクという意見がありますが、わが家では毎年ちょっと贅沢なフルーツやお肉にすることにしています。

モリタ
理由は単純。家族で食べるのがすきで、「お楽しみ」の要素にしたいからです

 

わが家の「食費」節約ポイント

  • お酒は控えめに

もともとお酒が好きな夫婦でしたが、娘が生まれてからは飲む機会・量ともに減りました。

家でもお酒を飲むことが少なくなりましたが、仕事関係の人との飲み会が圧倒的に減っています。

ウォーター
「付き合いだから」といって無理に参加すると、お金も時間も失います。参加する会は選びましょう

日用雑貨費:16,857円(4%)

今月の日用雑貨費

  • Amazon定期おトク便
  • ネットスーパー(コープ)
  • ドラッグストア

日用品は基本的にAmazon定期おトク便で購入しています。

トイレットペーパーやキッチンペーパーなど、一部Amazon定期おトク便でお気に入りの商品がないものは、ネットスーパー(コープ)で注文しています。

買い忘れたものについては、近所のドラッグストアで購入しています。

わが家の節約ポイント

  • ベビー用品(おむつ・おしり拭き・ミルク)はAmazon定期おトク便が最安値
ウォーター
かさばる日用品やおむつを家まで届けてもらえるのも、車のないわが家にとってはとても便利です!

▶▶▶関連記事:Amazon定期おトク便を徹底解説。まとめておトクな15%OFFを活用せよ。

▶▶▶関連記事:Amazonファミリーとは?Amazonファミリーの特徴と登録方法

医療・被服費:0円(0%)

今月はありませんでした。

教育費・自己投資:3,916円(1%)

今月の教育費

  • 書籍代
    • 自分のアタマで考えよう
    • 勝間式 超ロジカル家事

今月は本を2冊購入しました。

1冊目はちきりんさんの『自分のアタマで考えよう』。

以前から気になっていた本ですが、ようやく購入し夫婦で読んでいるところです。

created by Rinker
¥1,540 (2020/10/30 16:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

2冊めは勝間和代さんの『勝間式 超ロジカル家事』。

家事をできるだけ効率化することを目指しているわが家にはピッタリの本です。

すべてを勝間さんと同じようにはできませんが、しっかり読んでわが家なりにアレンジしようと思います。

created by Rinker
¥1,089 (2020/10/30 04:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

わが家の「教育費・自己投資」節約ポイント

  • 本はキンドル版

基本的に文庫本や漫画はすべてキンドル版を購入します。

金額が(多少)安いという理由もありますが、「場所をとらない」ことがKindle最大のメリットだと思っています。

わが家はガジェットが大量にあるのですが、中でもペーパーホワイトはお気に入りのアイテムでヘビーユーズしています。

created by Rinker
Amazon
¥17,980 (2020/10/30 01:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

趣味・娯楽費:113,944円(24%)

今月の趣味・娯楽費

  • 阿蘇高原・白水温泉へ0蜜ドライブ旅行
  • 娘の誕生日お祝い

今月はGo to キャンペーンをを利用して、阿蘇高原・白水温泉にドライブ旅行をしてきました。

移動はレンタカー、温泉は貸し切りの家族風呂を借り、レジャーは屋外で遊んできました。

モリタ
時期が時期なので、3蜜回避を意識して旅行しました
また、娘が2歳になりました。
誕生日のお祝いをしたり、記念に家族写真を撮ったりしたため出費がありました。
ウォーター
毎年写真を残すと成長がよくわかるのでオススメです!

おこづかい:45,000円(10%)

おこづかいは特に予算を決めていませんが、毎月3〜5万円ほどです。

最近は飲みに行く機会も減ったのでほとんど使う機会がありません。

ウォーター
わたしが美容院に行ったため、すこし高めになりました

変動費 その他:0円(0%)

今月はありませんでした。

 

2020年8月の家計を振り返って

今月は旅行や娘の誕生日のお祝いがあり、出費が少し多めになりました。

食費の出費については、来月にむけての反省点として改善します。

 

ウォーター
まとまった出費があっても貯蓄にまわっているのは、固定費の削減効果が大きいです
モリタ
今後も、固定費中心に家計の見直しに継続的に取り組みます!

 

みなさんも、できることからひとつずつ、固定費を見直してみせんか?

今後も毎月、家計公開を続ける予定でいますのでよろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!